【重要】
2016/9/9 コンビニ後払い請求書は商品に同封されるかたちに変更となりました。

サイトリニューアルに伴いお客様ID・パスワードが変更になりました。ご注意ください!

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

セラピュアストアTOP > ケフトルと活性石

活性石とは

ケフトルの発毛率を支えるもの。 
再生の息吹に満ちたミネラルの宝庫、活性石(かっせいせき)。

ケフトルの高い発毛率を支えるものは何か?
その答えは20数年に及ぶ「頭皮改善」研究の積み重ねにあります。
頭皮の改善をコンセプトに開発されたケフトルには、活性石ベントナイトを筆頭とする厳選した美容成分、有用成分が役割に応じて適宜に配合されています。
髪の大地、頭皮の改善かから始める育毛法だから、髪を元気に育てるのです。
使われる活性石は10種類を超えます。

ツルツル頭に毛が生えた

実は毛髪育毛に絶大な力を発揮することは、地元では知らない人がいないくらい有名な話です。
話は、わたしの活性石の採掘現場から始まります。石を採掘するにはそれなりの作業が必要で、当然業者に依頼していました。
その業者の忘年会のおり、石を切り出している作業員の頭に毛が生えていることを発見したのです。
もともとその作業員はツルツル頭。
わたしも会社の社長さんも半信半疑。
でも、本当に生えている。
本人はまったく心当たりがなく、あるといえば最近になって活性石を分別しているだけです。
活性石まみれになって、頭をタオルで拭いているわけです。
「お、それだ。間違いない!」とたちまち忘年会は盛り上がりました。

「まさか」が「本当だ!」になった

採石現場にはもう二人ツルツルの人がいました。
「ひょっとしたら」とみんなが覗き込んだところ、なんとその人たちの頭にも黒々としたものが生えていたのです。
こうなると「まさか」ではかたづけられなくなりました。
噂が広がるのは早いものです。頭髪に不安を持っている人たちが密かに愛用を始めたのです。
そんな一人が、いつもの理髪店を訪れたことから、さらに話が大きくなりました。
理髪店の店長が驚き、それをお客さんに伝え、さらに友人に伝え、という具合に、あっという間に「本当だ」となっていったのです。

活性石ベントナイトの効能

ミネラルの溶出
活性石は水と交わることでこの有用性を最大限に発揮します。
水との融合で微量要素(ミネラル)を溶出し、頭皮や肌の生成や再生を助けます。
吸着作用
非常に緻密な多孔性をもつ活性石ベントナイトが、毛穴に詰まった皮脂や汚れを頭皮に負担をかけずに吸着して除去します。
高い酸化還元力
活性石ベントナイトは高い抗酸化性ばかりか、還元性も高く、地肌の老化防止やエイジングケアをサポートします。
※神奈川大学理学部調べ
遠赤外線の放射率
理想値に近い遠赤外線作用が、頭皮の奥深くまで浸透して血行を促します。
※調査機関 財)日本染色検査協会

活性石ベントナイト

深山幽谷の特殊な滋養をもつ大地だけに生息する薬草があるように、大地を成す岩盤には多くの未知の力が宿っています。
私共はそうした岩盤を採掘して、より実用化に向けて「石」の研究を進めてきました。
活性石の4大特徴は、

  1. バランスのとれたミネラルの溶出
  2. 強い吸着力
  3. 高い酸化還元力
  4. 理想値と言われる遠赤外線の放射率

です。

頭皮を健やかにさせるなど石の持つ数々の作用が、早期の頭皮改善に欠かせない重要な役目を担います。
これらの力を最大限に高めるため、活性石は30μm以下の超微粉末にされ、ケフトル製品の特性に合わせ、そのコア(核)成分として使用されています。

髪だけじゃない!活性石のパワー

▼信濃ワインの葡萄の木に

信濃ワインの葡萄の木に信州ワイナリーの名家「信濃ワイン」は、ナイアガラ葡萄の品質向上のために活性石微粉末を散布しました。

その葡萄は糖度を増し、気候に左右されない平均以上のワインが出来るようになりました。葡萄の木の病気(晩腐病)も軽減されたとの評価を頂いております。

▼錦鯉の養鯉に

錦鯉の養鯉に 活性石を約5%混ぜた鯉餌「MGP」は、鯉の皮膚トラブルを治療して出荷効率を上げています。高価な錦鯉の「穴あき病」に悩んでいた蒲生観魚園さまからは、多くの錦鯉の症状が改善し、同じ病に悩む錦鯉業者が評判を聞いて全国から集まってきた!との嬉しいご報告を頂いております。

▼豆腐の品質向上に

豆腐の品質向上に長野県松本市にあるお豆腐屋さん松野屋さまでは、活性石を通した水を循環させて、ミネラルバランスのとれたおいしいお豆腐造りに成功されました。

同社の「霧ヶ峰もめんとうふ」は長野県知事賞を受賞し、県下一のお豆腐と大人気を呼んでいます。

▼鶏の補助飼料に

鶏糞の補助飼料に養鶏の糞の臭いが地域の問題になってしまった野間養鶏場さま。鶏の補助飼料として活性石の微粉末を混ぜる事で、鶏糞の嫌な臭いを解決されました。

さらに、黄身の濃い、殻のしっかりした良質の卵が産まれるようになった!と品質向上への高い評価も頂いております。

▼リンゴの病気を完治

リンゴの病気を完治まる泉リンゴ園さまでは、「りんごのエイズ」と恐れられていた「腐乱病」を、活性石散布によって完治させました。

このニュースは朝日新聞にも(ウイルス感染によってリンゴ園全ての木を壊滅状態にする)と紹介され、全国の農家から問い合わせを頂きました。

▼肥沃な土壌作りに

肥沃な土壌作りに土壌作りが繊細で、栽培不可能と言われたアンデス産ヤーコンを、長野県の農家・中村平一さまの畑では活性石を土壌肥料とし、一株に30本の実をつけた総量14貫のヤーコン栽培に成功して地方新聞に紹介されました。

同じ時期、本格的にアンデス産ヤーコン栽培を始めた福岡県の農家が撤退宣言を出したのとは、対照的なニュースとなりました。